winner’sサッカー那須監督のプロフィール!経歴や出身チーム詳細

インフルエンサー最強サッカーチームをつくるとして誕生した、

新生winner’s。そのチームの監督、

那須大亮』監督をご存知でしょうか?

豚さん
知っています。
マリノス時代も知っています・・ファンなんです♪
フクロウ博士
元プロサッカー選手ですね。
監督業は初めてだとか?
詳しく見ていきましょう。

この記事では、

新生winner’sの監督、『那須大亮』さんについて

プロフィールやプロ時代の出身チーム、さらには出身校まで調べてみました。

スポンサーリンク

那須大亮監督のwikiプロフィール!

プロフィール
  • 名前:那須監督
  • 本名:那須大亮
  • 年齢:40歳
  • 生年月日:1981年10月10日
  • 身長:180cm
  • 体重:77kg
  • 利き足:右
  • ポジション:DF
  • winner’s背番号:26番
  • 背番号理由:プロ入りしてJリーグ初優勝した時の番号。初心に戻りタイトルや優勝などを目指すために26番を選択。

那須監督は、鹿児島県南さつま市出身元プロサッカー選手です。

2020年1月、38歳の時に引退をしました。

20歳でプロ入り、

実に18年間のプロサッカー選手生活に終止符を打ちました。

那須監督の経歴と出身チームや出身校について!

那須監督は、現役時代じつに6チームもの移籍を経験されています。

那須さんは高校時代からセンターバックの選手です。

プロの世界でも、このセンターバックのポジションを勝ち取るために

移籍を繰り返し、強くなられたんだと思います。

那須監督の出身中学高校はどこ?!

那須さんの出身中学は、枕崎中学校です。

めっちゃ南ですね。最南端と言っていいほどです。

そして、

那須さんの出身高校は、

鹿児島県と言えばというくらいのサッカー強豪校、

鹿児島実業高等学校です。

あの鹿実です。

第78回全国高校サッカー選手権大会

那須さんが3年生の時、全国高校サッカー選手権大会で

千葉県代表市立船橋高等学校と決勝戦を戦いました。

那須さんは、背番号3番

フォーバック二枚のセンターバックのうちの一枚に布陣。

前半13分、コーナーキックからゴールラインぎりぎりのファーポストへの浮き球をヘディングで合わせ、

市立船橋が先制ゴールをあげます。

そして後半14分、フリーキックから素早くショートパスリスタート、横パスサイドチェンジ、

オーバーラップしてきた右SBが縦に抜けクロス、中央のFWがファーサイドへヘディングシュート。

市立船橋が2点目をあげます。

2点のビハインドを取り返すべく必死に攻めますが、

惜しくも試合終了の笛

鹿児島実業は準優勝で終わります。

この試合、鹿児島実業のキャプテンマークを付けていた選手が交代の際、

代わりに那須さんがキャプテンマークを巻いていました。

当時からやはりキャプテン気質があったのですね。

ちなみにこの試合の解説に、セルジオ越後さんがいらしたのですが、

2失点目をしてしまった鹿児島実業に対して、

センターバックの那須もヘディングは強いんですけどね

と仰っていました。

そしてこの鹿児島実業のエース、背番号10番を付けていたのは、

元日本代表の松井大輔選手でした。

この全国大会の2回戦では、

元日本代表大久保嘉人選手がいた長崎県代表国見高校2対0

準々決勝では、こちらも元日本代表田中達也選手がいた東京都代表帝京高校2対1と、

名のある強豪校を破って決勝までコマを進めたのですが、

当時ディフェンディングチャンピオンと言われた市立船橋には一歩及ばなかったようです。

那須さんはこんな中で、鹿実のセンターバックとしてサッカーをやっていらしたのですね。

凄いの一言です。

大学からプロの世界へ!

那須さんは鹿児島実業を卒業後、駒澤大学に進学します。

あざっすさんの先輩ということになりすね♪

横浜F・マリノス2002~2007

そして大学3年生の時に、大学生Jリーガーとして

横浜F・マリノスに入団します。

2002年から2007年まで所属していました。

2003年には、センターバックではなかったものの、ボランチ気味のポジションでありながら、

自身のディフェンス力でカバーし、見事J1完全制覇

新人王のタイトルも獲得しました。

2004年にはアテネオリンピックU-23に招集。

途中交代でキャプテンマークを巻くなどチームに貢献しましたが、

コンディションを崩してしまうなど、結果は残せず悔しい思いをしたそうです。

東京ヴェルディ2008

2008年1月には東京ヴェルディへ移籍します。

ここで那須さんなんと、ヴェルディのキャプテンも務めます。

それだけ信頼を集めていたのでしょう。

しかし、この年東京ヴェルディはJ2へ降格してしまいます。

那須さんも初めての経験だったそうです。

スポンサーリンク

ジュビロ磐田2009~2011

2009年にジュビロ磐田に移籍。

ここでも主力選手として活躍し、2010年にはやはり

キャプテンを任されます。

このジュビロ磐田では、念願のセンターバックでの起用

ですが、

チームのアンカー役と言われる、言わばボランチがいなかったことから、

ここでも、何でもできる那須さんが抜擢。

また、センターバックはできなくなってしまいますが、

この那須さんの起用が功を制し、ナビスコカップ優勝

そのあとは、SB(サイドバック)としてチームに貢献します。

柏レイソル2012

2012年、柏レイソルに完全移籍するも、こちらの柏では

屈強なセンターバックが健在していたためポジションはやはり、

アンカー役のボランチかSBが多く、センターバックが何かの原因で空いたときのみその穴を埋める状況。

那須さんはセンターバックが大好きなのです♪

浦和レッズ2013~2017

2013年には、埼玉浦和レッズに移籍。

ここでもセンターバックの欠場の時の穴埋め状態でしたが、

このときじつに、その穴埋め状態からポジション定着の座をつかみます。

センターバックのポジションを得た那須さんの本領発揮はここでした。

センターバックにして自身初の公式戦4試合連続ゴールをマーク。

リーグ32試合でチーム内3位となる9ゴールをあげ、自身初となる

Jリーグベストイレブンに選出されました。

いや凄いですね~♪

熱い男那須大亮さんは最高です。

ヴィッセル神戸2018年~引退

2018年には那須さんの最後のチームとなる

ヴィッセル神戸に移籍をします。

2018年11月24日、清水エスパルス戦に途中出場し、23人目となる

Jリーグ400試合出場達成

そして2019年12月16日自身のYouTubeで引退を発表。

ここからは、YouTubeで様々なサッカー関係の動画をあげていきます。

那須さんも今ではれっきとしたYouTuberさんです♪

娘さんと奥様も♪

那須さんは2010年7月10日に、一般人女性とめでたくご結婚をされています。

2011年に待望の娘さんも授かり、今では一児の父です。

那須さんは本当にまっすぐでお優しい方なんです。

見てたら分かりますね。上記のツイートなんかは単純に感動してしまいますね。

まとめ

新生winner’sの監督を務める

那須大亮』さん。

あざっすさんとこーじろーさんからのお願いから始まり、

本気でやらないならやらないよ」という言葉が今でも残っています。

その真剣なまなざしで、YouTube界最強のサッカーチームの監督として

快く引き受けてくれた熱い男

元プロサッカー選手とこれ以上ない人材で、

新生winner’sを引っ張っていきます。

楽しみですね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください